さくら会

法人概要

法人概要 事業案内 ご利用案内 アクセス

沿革概要

平成12年に多久市内12ヵ園から成る多久保育会から分離、独立。
社会福祉法人さくら会を発足して十数年が経ちます。
さくらんぼ保育園から始まった同法人はその保育の経験と学びを障害の分野に生かしたいとの思いから平成17年に知的障害者通所授産施設を立ち上げ障害福祉サービス事業に参入致しました。
その後平成22年に新体系に移行し、就労継続支援B型、生活介護に姿を変え、同年グループホーム・ケアホーム、児童デイサービスを新設いたしました。

現在同法人は
認可保育園さくらんぼ保育園(多久市西多久町板屋6519-1所在)
就労継続支援B型・生活介護 障害者支援センターSAKURA(佐賀市大和町久留間3176-1所在)
グループホーム・ケアホームCiente(佐賀市大和町久留間2368-1所在)
児童デイサービスあおぞら(佐賀市大和町久留間3176-1所在)
の5事業を展開しています。

経営理念~さくらんぼ保育園誕生前夜の物語より糸を紡いで~

当法人の前身は西多久町の正善寺境内より始まった女山保育園である。
「保育園」と聞いて思い浮かぶようないわゆる保育園らしい保育をしていた女山保育園、第二保育園であるあかつき保育園。
昭和40年代は両園共に園庭にあふれるほど園児がいたが、西多久町の過疎化にともない年々減少していった。

当時あかつき保育園園長角田隆宣(現さくら会理事長 さくらんぼ保育園園長)は過疎化にあおられ、経営的転換を迫られている現実と、そもそも子どもとはこんなものだろうかという積年の疑問の中で、たまたま斎藤公子氏のさくらさくらんぼ保育を、女山保育園園長(さくらんぼ保育園前主任。隆宣の妻。
以下敬意を込めてさくらんぼ保育園前主任と記す)と共に知った。
深い感銘を受けた二人は、特にさくらんぼ保育園前主任はこの保育をやってみたいと心の底から思い、保育方針は大きく転換されることとなった。

それから数年間、園長と前主任は二人三脚で埼玉県深谷市のさくら保育園、第二さくらんぼ保育園へと足繁く通い、さくらさくらんぼ保育を西多久町のあかつき保育園へ持ち込んだ。
急に朝から夕まで水遊び、泥遊びをして、何着も服を汚し、お遊戯会を辞めリズム運動をするようになった保育の理解を町の人から得るのは難しく、過疎化に加えて園児が町外の保育園へと流れていった。
2ヵ園あった保育園はあかつき保育園へ統廃合を余儀なくされた。それでも園長とさくらんぼ保育園前主任は信念を曲げずに貫き通した。
そして今。過疎の町であるにもかかわらず60名定員を超えて園児を集めている。

当法人の理念はここにある。
良いものは良いのであって、信念を持って誠心誠意、一生懸命にやりぬけば人が集まってくる。
私たちは園児の為、障害者の為、障害児の為、常に勉学に励み、実践を重ね、人の持っている底力を信じる。
どんな子でもどんな大人でも、私たちは死ぬまで発達する。この思いを信念してひとりひとりに寄り添いたいと思う。

事業内容

法人概要 事業案内 ご利用案内 アクセス

就労継続支援B型

一般企業での就労が難しい障害をお持ちの方に働く場を提供すると共に、就労に必要な知識や能力向上のための支援を行います。

★ 主な活動内容

・さをり織り作り ・自然食クッキー作り ・紙漉き
・除草作業 ・洗車 ・ボール洗い
・ポスティング 他

生活介護

生産的活動や創作的活動の機会の提供、身体機能又は生活能力の向上のための支援を行います。

★ 主な活動内容

・紙の分別作業 ・さをり織り ・裂き織り
・貼り絵 ・図画工作 ・自立課題(ワーク)
・公園へおでかけ ・ドライブ ・マッサージ

グループホーム・ケアホーム

共同住居にて日常生活の介助・相談等を通し、自立した暮らしのための支援を行います。

★主な支援内容

・入浴 ・食事提供 ・洗濯、掃除等の家事支援 ・服薬管理 ・健康管理 他

児童デイサービスあおぞら

発達に遅れのあるお子さんに療育を行います。
特に、肢体不自由児に対する上田法訓練に力を入れています。

★主な活動内容

・マッサージ ・上田法訓練 ・散歩 ・リズム運動
・泥、砂遊び ・水遊び ・ボール遊び ・雑巾がけ
・歌、手遊び ・お絵描き ・絵本 他

ご利用案内

法人概要 事業案内 ご利用案内 アクセス

ご利用について

ご不明な点・気になる点などございましたら
お気軽にご相談ください。

対 象

知的・身体・精神に障害をお持ちの方が対象です。
サービスを受けるには、各市町村窓口(福祉課など)にて「受給者証」を発行してもらう必要があります。詳しくは当施設または各市町村窓口にてご相談ください。

ご利用料金 / 就労継続支援B型 ・ 生活介護
□ 給食費 1日 150円 (おやつは無料です)
□ 送迎費 1日 150円
□ サービス利用に係る利用者負担額( 0円の方がほとんどです)

* 利用者負担上限額はご本人様の収入に応じて各市町村で決定されます。
通常は特に就労などされていなければ0円の方がほとんどです。
詳しくは各市町村の福祉課窓口にてお尋ねください。

*料金は毎月25日に佐賀銀行より引き落とさせて頂いております。

定 員

□ 就労継続支援B型      20名
□ 生活介護          10名
□ グループホーム・ケアホーム 7名
□ 児童デイサービスあおぞら  10名

開 所 時 間

(平日)9:00〜16:00
(土曜)9:00〜13:00 / 営業カレンダーの開所日のみ

送 迎

□送迎 1日 150円 (片道のみの利用でも同料金です)
佐賀市内、神埼、南佐賀方面、小城方面に送迎バスが出ています。
ご利用ご希望の方はご相談ください。

お申込みにあたって

・ ご相談やご見学は随時受け付けております。お気軽にお電話でご予約ください。
・ご利用になる場合は市町村の福祉窓口にて「受給者証」を発行して頂く必要がございます。詳しくは市町村窓口にてご相談ください。

★料金一覧表

アクセス

法人概要 事業案内 ご利用案内 アクセス

*生活介護・就労継続支援B型は同じ建物内で行い、児童デイサービスあおぞらは、SAKURAと同じ敷地内に療育棟が建っています。

*グループホーム・ケアホームCienteは、SAKURAより歩いて5分の場所にございます。

障害者支援センターSAKURAの配置図

障害者支援センターSAKURAは佐賀市大和町に位置しています。
一歩奥へ入ると畑や田んぼが広がるのどかなところです。


より大きな地図で 障害者支援センター SAKURA を表示

城方面から尼寺方面へと続く道路沿い、道路の南側。
「大和特別支援学校」さんの斜め前で、
目の前は「麺屋一寸亭」さんです。

見学は随時受け付けしております。
お気軽にお越しください。

*事前に電話でご予約ください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...